« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

イーゼルもどき

すのこを2枚使って、イーゼルもどきの完成!
 
 
パネルシアターやら、ビッグブックやら、日々のデイリーニュースやら。
   
大活躍しそうな予感!
   
   
もちろん職場でね。

| | コメント (0)

ベランダ菜園

出た出た!
   
   
なにが育つかわかるかな?
   

| | コメント (2)

ふるたちにんざえもん

「この人ほら、あの人みたいやな。

 えーっと…

 ふるたち にんざえもん!」

誰???

  

  

  

  

正解は、古畑任三郎でした。

間違えすぎなお母ちゃん。

明日で61歳だ。

| | コメント (0)

仕事の合間に

こんどはふたつ。
   
『静岡から新茶が送られてきました』はんこ
   
『早く携帯の機種変更したいなぁ』はんこ
   

| | コメント (0)

人のふり見て・・・

‘大変さ自慢’っていうのかしら。

先日、同職の人たちとお喋りする機会がありました。

そしたらまぁ、出てくる出てくる‘自園の大変さ自慢’

「うちの園は~で、大変でねぇ」「うちはクラスが~だから大変」

「え~うちのクラスはもっと~やから、ほんと大変やで~」

こういう会話って・・・けっこうみっともなくて、よろしくない。

なんだか悲劇のヒロインにでもなったかのように

大変さを披露し合うその会話。

聞いててなんだかすごく残念な感じがしたのですよ。

私も気付かぬうちに言ってたりするのかしら…。

気をつけよ~っと。

| | コメント (0)

今日のよっつ

ひとーつ
   
ふたーつ
   
みーっつ
   
よーっつ
   

| | コメント (2)

はんこちゃん

久しぶりに‘消しはん’彫り彫り。
   
  
 また復活しようかな♪

| | コメント (5)

枝豆フォカッチャに
 
 
出町ふたばの豆大福
 
 
どちらも美味い!

| | コメント (2)

老体に鞭打って

自分のことを老体とは言いたくないけれど

先日のテニス歓迎会の翌日から、全身が痛い。

まぁ筋肉痛なんだろうけど、足に至ってはなんだか

血のめぐりが悪くなっているような、うっ血したときのような

重だるい鈍い痛みとでも言うのでしょうか。

そんな感じがずっと続いています。

お風呂でのマッサージも、効いているのかどうなのか。

30代ってこういうことか。

20代では経験のなかった変な身体の錆びれ感。

嫌だわ。。。

| | コメント (5)

なんですと!??

美容室で洗髪してもらっていたときのこと。

丁寧に、あたたかいシャワーで

シャンプーを洗い流してくれていました。

顔の上にはお決まりのように、ぺろんとタオルが

かぶされてあります。

と、そのとき。

「流し忘れなどございませんか?」

っと、美容室のスタッフさんに聞かれました。

顔にぺろんとタオルがのった状態で。

「・・・はい」

って言ってはみたけれど、流し忘れがあるかどうかなんて

私にわかるわけないやないのさ!

| | コメント (2)

アジサイ

ピアノの発表会でいただいたアジサイ。
 
 
とても綺麗な色で、姉夫婦の家の玄関前に鎮座致しております。
 
後ろの煉瓦タイルと、いい感じの色合いを醸し出しています。
 
綺麗♪
癒される♪

| | コメント (0)

力を…

 
クリリン…。
 
 
疲れを吹き飛ばしてくれ!

| | コメント (4)

ラッキー続き

GW。

車で出かけるのは無謀と言われていたけれど、行ってみた。

でも、日頃の行いが良いからでしょう、渋滞に巻き込まれることはなく

すいすいと2時間半で無難に岡山上陸。

翌日の直島上陸もなんなくクリアし、久し振りにかぼちゃに会ってきた。

後楽園でのんびり散歩したり、野生のみみずくに出くわしたり

行きたかった竹久夢二の‘夢二郷土美術館’で、夢二の世界を堪能したり

美味しい海鮮料理や豚料理でお腹を満たし、岡山名物キムラヤのパンを

朝からバイキングでいただいた。

高速料金はご存じのように安く、往復でも一人800円ですみ

ホテルもきれいで安い素晴らしいホテルだったので、本当に快適な

お休みの過ごし方でした。

帰りはUターンラッシュで、きっと大変になるだろうとは思っていたけれど

これまたラッキーなことに、そこまで渋滞もなく

3時間で大阪へ帰ってこれまして。

ラッキーが何度も続いたスペシャルな旅となりました。

| | コメント (2)

バーラが咲いた♪

我が家の黄色い薔薇。
 
今年も蕾をたくさんつけました。
 
そして、今年はじめて咲いたのが…これ。
 
 
なんだか、双子みたい。

| | コメント (2)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »