« 手作りカード | トップページ | 啓蟄 »

難しいなぁ

もうすぐ3歳になるという、友達の長男に会いました。

何やら顔に青タンが・・・。おや?

話を聞くと、先日なんだかご機嫌斜めなK君がだだをこねて
母親である友達と喧嘩をしたんだそうです。

K君はおもちゃの積み木を投げて、なんだかもうそれはそれは
大変な一幕だったらしく。

母親はその行為に腹が立って、ビシ!っと。
叩いてしまったんですって。

周りのママたちは、友達の気持ちも察して「大丈夫大丈夫!」って
友達の叩いてしまったことを責めずにいてくれたみたい。

私も、それが母親のしたことなんだから、もちろん正しいと思う。
「手が出ることが全ていけない、虐待だ!」なんて言う人もいるけれど
そうじゃぁないでしょう。

家庭にはそれぞれの子育てがあるわけだし、その友達は一生懸命
子育てに励んでいるのも知っているから。

叩いてしまったことを悩んでいたけれど、悩むという気持ちがあるだけで
充分素敵なK君のママだと思うのです。

でもね。

でもね。

・・・・・。

保育の仕事をしていると、それだけではちょっとモヤモヤが残るんだよね。

意味もなく機嫌が悪くなることなんてないわけで、そこには絶対に
原因があるんですよ。それがどれだけ幼い子どもであっても。

だから、せめて叩いたあとに「どうして機嫌が悪かったのか」を
聞いてあげてほしかったな。
すごく些細な原因かもしれないけど、K君にとっては積み木を投げるほど
気分を害することだったんだから。
母親がその気持ちに寄り添ってくれることが、どれだけ心強いか。

それと、叩いたことをK君に謝ってほしかった。

このへんの私の考えは、おそらく子育てをしていないものの意見でしょう。
仕事として保育をしている者の意見と言ってもいいかもしれない。

でも、保育者として過ごしてきた経験からして、こうしたらよかったんでは?
っと思うこともあるわけで。

でもそういうのって、ママたちの意見とは違うから伝えるのは難しい。
それが友達であっても、結局伝えられなかった。

私の思っていることをそのまま伝えたら、99%で信頼関係無くしそうだもんね。

伝え方って、ほんと難しいなぁ。。。

|

« 手作りカード | トップページ | 啓蟄 »

コメント

うん。本当に難しいよね。。。

言葉って、その一言で人を救えることもあれば、その一言で人を死に追いやる事もあり、とてもチカラを持ってるようで、無力な時もあるんだよね。

投稿: みゆっき | 2008.03.06 01:58

最近育児の本に(漫画なんですけど)はまってる21歳です笑☆
つい、たたいてしまうのって誰でもあることなのかもしれないけど、そのついが子供にはやっぱり大きくのこるんじゃないかなぁって思いますthink私も、しかられてたたかれたりしたことってやっぱどっかに記憶あるもんsweat01
その育児の漫画には、こどもに今までどなりつけて怒ってたけど、そうじゃないって気づいて、「怒る」んじゃなくて、悪いときには注意し、なぜそれがだめで、なんでそれをやったか聞いて、わかったらほめてあげるようにしたんですって♪そしたら、こどもも心を開いてなんでも話してくれるようになったみたいですhappy01
正解なんてないのかもしれないけど、子育てをしたことがないから、母親の気持ちがわからないから、って、たたいてしまったことを正当化するのは違うなぁって思います!確かに経験はないけど、子供の経験はあるから、やっぱりよくないことだなってのはわかる気がします(^v^)私の意見もまた、間違っているのかもしれませんが(;△;)
あ~21歳のこどもが保育のスペシャリストにとんだことを書いてしまってすみません((゚゚дд゚゚ )) ただ、育児の漫画にはまってしまっているので、書いてしまいましたcoldsweats01

投稿: ちあき | 2008.03.06 21:50

paperみゆっきさん
そうそう。‘無力’なときもあるんですよね。
自分が発する言葉がいかようにも働くんだから
ほんと責任重大です。

paperちあきちゃん
いやいや。ちあきちゃんの言ってることは正論なんだよ。
暴力は基本的にはあかんよ。それを手段の一つにはしちゃ駄目だと思う。
でもね、お母さんっていう立場になると、
なかなか難しい問題がいろいろと見えてきてしまうんだって。
‘つい’っていう間ができてしまう。
私も母親じゃないから何が正しいかなんてわからないけど
でも、どんな対応であっても、とにかくそこに愛情があるってことは信じたい。よね♪
子育てにも保育にも、間違いや正解ってないんじゃないかな。


投稿: tei | 2008.03.06 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 手作りカード | トップページ | 啓蟄 »