« おからのケーキ | トップページ | 空晴 »

伝説のスピーチ

他のサイトから引用しています。皆さん、是非読んで下さい。長いけど…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご存じの方も多いと思いますが、
温暖化の危機が現実味を増す今、
より多くの人に知っていただきたいと思います。

伝説のスピーチ ☆【セヴァン・スズキ、伝説のスピーチ全文】
1992年セヴァン・スズキという12歳の少女がリオデジャネイロで行われている国連会議(地球環境サミット)に乗り込んでいき、のちに伝説と呼ばれるスピーチを行なった。バンクーバーで生まれた彼女は9歳のときにECO(Environmental Children Organization)という環境学習グループを立ち上げ、12歳の時に自分たちで費用を貯めて国連会議(地球環境サミット)へ赴くだけでなく、NGOブースで交渉の末にスピーチを行う機会まで勝ち得たそうです。
その素直で純粋な想いに溢れたスピーチは多くの”大人達”の心を揺さぶり、やがて世界中で伝説として語り継がれています。

■セヴァン・スズキのスピーチ
「こんにちは、セヴァン・スズキです。エコを代表してお話しします。エコというのは、子供環境運動(エンヴァイロンメンタル・チルドレンズ・オーガニゼェーション)の略です。カナダの12歳13歳の子供達たちの集まりで、今の世界を変えるためにがんばっています。あなたがた大人達にも、ぜひ生き方を変えて頂くようお願いする為に、自分達で費用を貯めて、カナダからブラジルまで1万キロの旅をして来ました。
今日の私の話には、裏も表もありません。なぜって、私が環境運動をしているのは、私自身の未来の為。自分の未来を失うことは、選挙で負けたり、株で損したりするのとは訳がちがうんですから。
私がここに立って話をしているのは、未来に生きる子供達の為です。世界中の飢えに苦しむ子供達の為です。そして、もう行く所もなく、死に絶えようとしている無数の動物達の為です。

太陽の下に出るのが、私は怖い。オゾン層に穴が空いたから。呼吸をする事さえ怖い。空気にどんな毒が入っているかもしれないから。父とよくバンクーバーで釣りをしたものです。数年前に、体中ガンでおかされた魚に出会うまで。そして今、動物や植物対が毎日のように絶滅していくのを、私たちは耳にします。それらはもう永遠に戻ってはこないんです。

私の世代には、夢があります。いつか野生の動物たちの群れや、たくさんの鳥や蝶が舞うジャングルを見ることです。でも、私の子供達の世代は、もうそんな夢を持つ事も出来なくなるのではないか?あなた方は、私位の歳の時に、そんな事を心配したことがありますか。

こんな大変な事が、もの凄い勢いで起こっているのに、私達人間ときたら、まるでまだまだ余裕があるようなのんきな顔をしています。まだ子供の私には、この危機を救うのに何をしたらいいのかはっきりわかりません。でも、あなたがた大人達にも知って欲しいんです。あなたがたもよい解決法なんて持っていないという事を。オゾン層に空いた穴をどうやってふさぐのか、あなたがたも知らないでしょう

死んだ川にどうやってサケを呼びもどすのか、あなたがたは知らないでしょう。絶滅した動物をどうやって生きかえらせるのか、あなたがたは知らないでしょう。そして、今や砂漠となってしまった場所にどうやって森をよみがえらせるのか、あなたがたは知らないでしょう。

どうやって直すのかわからないものを、壊し続けるのはもうやめてください。

ここでは、あなたがたは政府とか企業とか団体とかの代表でしょう。あるいは、報道関係者か政治家かもしれない。でも本当は、あなたがたも誰かの母親であり、父親であり、姉妹であり、兄弟であり、おばであり、おじなんです。そしてあなたがたのだれもが、だれかの子供なんです。

私はまだ子供ですが、ここにいる私達みんなが同じ大きな家族の一員であることを知っています。そうです、50億以上の人間からなる大家族。いいえ、実は 3千万種類の生物からなる大家族です。国境や各国の政府がどんなに私達を分け隔てようとしても、このことは変えようがありません。私は子供ですが、みんながこの大家族の一員であり、ひとつの目標に向けて心をひとつにして行動しなければならないことを知っています。私は怒っています。でも自分を見失ってはいません。私は恐い。でも自分の気持ちを世界中に伝えることを、私は恐れません。

私の国での無駄使いは大変なものです。買っては捨て、また買っては捨てています。それでも物を浪費しつづける北の国々は、南の国々と富を分かち合おうとはしません。物が有り余っているのに、私達は自分の富を、そのほんの少しでも手離すのが怖いんです。

カナダの私達は充分な食物と水と住まいを持つ恵まれた生活をしています。時計、自転車、コンピューター、テレビ、私達の持っている物を数えあげたら何日もかかることでしょう。

2日前ここブラジルで、家のないストリートチルドレンと出会い、私達はショックを受けました。ひとりの子どもが私達にこう言いました。

「僕が金持ちだったらなぁ。もしそうなら、家のない子全てに、食べ物と、着る物と、薬と、住む場所と、やさしさと愛情をあげるのに。」

家も何もないひとりの子どもが、分かち合う事を考えているというのに、全てを持っている私達がこんなに欲が深いのは、いったいどうしてなんでしょう。

これらの恵まれない子供達が、私と同じ位の年だということが、私の頭を離れません。どこで生れたかによって、こんなにも人生が違ってしまう。私がリオの貧民窟に住む子供の一人だったかもしれないんです。ソマリアの飢えた子供だったかも、中東の戦争で犠牲になるか、インドで乞食をしてたかもしれないんです。

もし戦争の為に使われているお金を全部、貧しさと環境問題を解決するために使えばこの地球はすばらしい星になるでしょう。私はまだ子供だけど、このことを知っています。

学校で、いや、幼稚園でさえ、あなたがた大人は私達に、世の中でどうふるまうかを教えてくれます。たとえば、

* 争いをしないこと
* 話し合いで解決すること
* 他人を尊重すること
* ちらかしたら自分でかたずけること
* 他の生き物をむやみに傷つけないこと
* 分かち合うこと
* そして欲ばらないこと

ならばなぜ、あなたがたは、私達にするなという事をしているんですか。

なぜあなたがたがこの会議に出席しているのか、どうか忘れないでください。そしていったい誰の為にやっているのか。それはあなたがたの子供、つまり私対の為です。あなたがたはこうした会議で、私達がどんな世界に育ち、生きていくのかを決めているんです。

親達はよく「大丈夫。全てうまくいくよ」と言って子供達をなぐさめるものです。あるいは、「出来るだけの事はしてるから」とか、「この世の終わりじゃあるまいし」とか。しかし大人達はもうこんな慰めの言葉さえ使うことが出来なくなっているようです。お聞きしますが、私達子供の未来を真剣に考えた事がありますか。

父はいつも私に不言実行、つまり、何を言うかではなく、何をするかでその人の価値が決まる、と言います。しかしあなたがた大人達がやっている事のせいで、私達は泣いています。あなたがたはいつも私達を愛しているといいます。しかし、私は言わせてもらいたい。もしその言葉が本当なら、どうか、本当だということを行動で示して下さい。

最後まで私の話を聞いてくださってありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« おからのケーキ | トップページ | 空晴 »

コメント

本当にその通り。この子が言ってる事は本当に真っ直ぐに的を得てる。純粋だからこそ真っ直ぐに。
こんな小さな子供がここまで真剣に地球の事を考えていて、ここまで色んなことを理解していて、はっきりと自分の意見を大人の偉いと言われている人達に堂々と伝えられるなんて、、、
なんか大人は恥ずかしいよね。
幼稚園や小学校で、またお家で、大人が子供に教えている最も基本の大切な事を先頭きって出来ていないのはやっぱり大人。
これじゃぁ、子供にも説得力ないね。

本当にみんながもっと真剣に考えなければいけない大問題だよね!
特に、アナタの一言で世の中を大きく変えられるという権力者に一番に純粋なココロを取り戻していただき、純粋に世の中の平和を考えていただきたい!!

投稿: みゆっき | 2007.10.18 09:44

みゆっきさんは読んでくれると思っていました。長文でしたが
お疲れ様です。
このスピーチが15年前になされていたというのが実をいうと
1番の驚きでした。
彼女がこのスピーチを読んでから15年たち、今年2007年
「温暖化は地球規模の危機で、今すぐ対応しなければいけない」
っと活動しているゴア前米副大統領にノーベル平和賞が決まり
京都議定書で二酸化炭素の削減が目標となり
ようやっと世界規模で考えるべき問題とされてきました。
で、実際自分のまわりりはどうなんでしょう。
何か変わっているのでしょうか?
自分から、家族から、変わっていかないといけませんね!

投稿: tei | 2007.10.18 20:09

本当にそうですね。ぐっときました。
私はどちらかというとあきらめてしまっていた人間ですから、
これを読むことでまた少し、前向きになりました。
高校の時に、一度あきらめてしまったのです。
でも愛する人が増えるたびに気持ちは変化していきます。
少しでも何かできればと思います。大好きな人たちや
自分の残すかもしれない子孫のために。
保育で、子どもたちに何か伝えられたら…って、そう思って
保育しています。

妹も職場でいろいろ学んだそうです。
やはりペットボトルはよくないんですよね。
頑張ります!!

投稿: kai | 2007.10.18 20:15

ものすごく大きな問題すぎて、1人の思いでは何も改善されない。
それは事実だけど、彼女のように行動に移せる人が
自分も含めて増えていけば、変わっていかないことは無いと
信じたいよね。
「不都合な真実」読んだり見たりしましたか?
まだなら是非是非見て下さい。 これはいかん!って思うよ。
DVDレンタル始まってるからね♪

投稿: tei | 2007.10.18 20:57

今日偶然同じタイトルの日記を別のマイミクさんも書いていたの。このスピーチ自体は知ってたけど、16年も前の出来事だとは知らなかった(--;)

その頃はECOとか環境問題とか考えたこともなかった気がする…。その頃から言われてたのに、結局自分の身に振りかからないと気付かないんだよね、事の重大さに。そりゃこんだけ年月が経てば深刻化もするわ。

私もマイ箸・マイバッグ等些細な事ながら頑張ってるけど、とにかく諦めない事が大事だと思う。一人がやったって変わらないとか言ってる場合じゃないし、無関心は自分も含めて地球の未来を諦めてる事だって気付いてほしいよね。

ちなみにスピーチした彼女、来日して各地を廻るみたいだよ。

投稿: モトコ | 2007.10.18 21:05

ほんと、諦めたら何も生まれないもんね。
出来ることは些細なことかもしれないけれど、
塵も積もれば山となる…なんてことわざがあるように
いつか山にしていくべき問題だよね。

投稿: tei | 2007.10.19 17:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おからのケーキ | トップページ | 空晴 »