« 寒い朝 | トップページ | 江坂の新名所! »

KOBE Biennale 2007

神戸メリケンパークを中心に行われている、神戸ビエンナーレ。

~港で出会う芸術祭~と銘打って、様々なアートが展示されています。

展示されているのはコンテナの中。

なんと、会場に69ものコンテナが点在しており、それぞれのコンテナに

それぞれの‘ゲイジュツ’が閉じ込められていました。

しかも、69ものゲイジュツにふれると「ゲイジュツとはなんぞや?」っという

変な感覚まで出てきてしまうから恐ろしい。

‘秩序’だったり‘変化’だったり‘普遍’だったり…色々なタイトルを見ると、

それぞれのアーティストが深い部分までみつめてゲイジュツに取り組んだ

なんというか、苦労というか、そういったものが感じられて

ちょっぴり重い気分になってしまったり…。

っというわけで、気を取りなおして子ども絵画のコーナーを見に行きました。

すると、どうでしょう!

Kuwagata Ika

Kawaazobi_2

                           

                                

                                  

                                   

                                                               

これらの作品、なんと小学一年生が描いたんですって!

すごくないですか!!!

なんだか、いさぎよい感じが良いですよねぇ。力強いなぁ。

そして、たくさんのゲイジュツにふれた1日を振り返ってみました。

1番素敵だなぁっと思ったもの。

・・・・・・・・・・やっぱりこれでしょう!

Koubetawa

|

« 寒い朝 | トップページ | 江坂の新名所! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 寒い朝 | トップページ | 江坂の新名所! »