« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

マクロビ料理教室

マクロビ料理教室

2週間に1度のお楽しみ。マクロビオティックの料理教室の第三回目。

ひじき入り玄米御飯・・・しめじも入れて、秋の香りが楽しめました♪

かぼちゃのスープ・・・右にある‘カレー?’っと思わせている代物がスープです。

             かなりかぼちゃの味が強調されていて、美味しい♪

車麩のフライ・・・これは我が家で何度かやったことがあって、好きなメニュー。

          白味噌と練り胡麻と梅酢とで作るたれが、よく合ってました。

蓮根とりんごのサラダ・・・さっぱりとした味で、フライものと一緒に出されると嬉しい♪

なかなかどうして地味な色目な出来上がりだけど、食べたら美味しいんですよね。

外見で判断してはいけません。大事なのは中身です!

| | コメント (4)

2kg・・・

連夜のカップラーメン中毒からやっとこぬけたきっかけは

やっぱり体重計の数字でした。

数字で左右されるなんてちょっと悔しいけど、現実がつきつけられて、きつい。

さて、昨日は神戸屋で素敵ディナーを食べました。

久しぶりにハンバーグと、スープにサラダバーにお代わり自由パン♪

いっぱい食べたその後で、ほうじ茶アイスを追加注文。

これがまた美味しいのなんのって!

一口たべたら香ばしさが口一杯に広がって、私の中ではかなりのビンゴでした。

久しぶりの友人とのお喋りは、話しは飛びまくるけれども弾む弾む♪

懐かしい話題やら、最近の近況まで。

友人のお母さんから素敵なタオルも頂いて、気分よろしおす♪

たち吉のタオル、ほんとに可愛いので、自分でも集めたくなりましたよ。

Tatikititaoru Houjityaaisu

| | コメント (4)

太陽に向かって

太陽に向かって
太陽に向かって
咲きました!
久しぶりに咲きました!
ついでにまたまた苺の花も咲きました!

| | コメント (2)

心の図書館

最近、何かと興味をそそられる番組を流しているNHK。

この前の‘ポアンカレ予想’に続いて、今日の夜も私の希望でNHK。

考えるヒントを提供する「心の図書館」 ETV特集

   ~里山保育で子どもは変わる~

千葉県木更津にある保育園での保育を1年間にわたって紹介している番組でした。

宮崎園長先生の考えは「けがをしたり泥だらけになったり、時には友達と喧嘩をしながら

遊びに熱中してこそ子供は健全に育つ」っといもの。

藪や崖、ときには蜂やマムシなどの危険も潜む里山で年間60日は保育をしています。

田植えをしなくなった場所で泥んこ遊びを楽しんだり、竹でのぼり棒をしたり

野菜を育て、田植えをし、稲刈りも経験する。

里山の木苺をついばんで、虫探しに熱中し、川を飛び越え、丸太橋を渡り

ハラハラヒヤヒヤしながら見ていましたが、子どもたちの表情がとても豊かでした。

「汚れるから…」なんて言って泥遊びを拒んでいた子も、いつの間にやら

泥んこの中で頭まで泥まみれになって遊んでいました。

勿論服だって、泥だらけ。砂だらけ。破けて。ちぎれて。。。

森は危ない場所であると同時に楽しい場所でもある。

困難を乗り越えながら自信をつけた子供たちの表情は、本当に生き生きしています。

子育てに神経質な親が多い今。

教育現場も安全・安心が最優先。

そんな中、森の中でのびのびと子供達を育てている保育園に

魅力を感じずにはいられませんでした。

| | コメント (0)

天空人まつり

天空人まつり

さて、2年前だったかに参加させてもらったおまつりに

今年も参加させてもらえることになりました。

天空人(てんからっと)まつり ~鎮守の森にありがとう~

2007年11月11日(日) 朝10時頃から日暮れまで

垂水神社境内 *阪急豊津駅から歩いて8分  *地下鉄御堂筋線江坂駅から歩いて15分

今年も多くの方が参加されて、なかなかにぎやかなお祭りになりそうです。

新米や旬のお野菜に手作り味噌やお漬物!

オーガニックのベジ料理にインド料理とメキシコ料理、手作りおはぎやスープにおにぎり            

オーガニックコーヒーにマクロビスイーツ、移動カフェから味噌汁に泡盛まで!

手作り作品では、草木染めの手ぬぐいに、力が抜けちゃう手作りハガキ?          

とんぼ玉からアクセサリーに、手作り雑貨がもりだくさん。

ビーズ工作や麻紐を使ってのストラップ作り、糸車くるくるで糸巻き体験などなど。

天然素材の生活雑貨、オリジナルの布で作る帽子やバッグにきものや洋服!       

水を汚さない手作り洗剤♪

はたまた、メディスンカード占いや、気楽と四柱推命による占いも!

ね。

にぎやかそうでしょう?

そして、そんな中に‘手作りはんこのお店’として出店することになりまして。

今年は1人で参加なので、心細さ満開です。

お時間のある方、どうぞ遊びにきて下さい!

ちょっとでも手伝ってくれる方、大大大歓迎でございます。

          

| | コメント (5)

ポアンカレ

知っていますか?ポアンカレ予想というやつを。

昨晩、久しぶりに食い入るように見入ったテレビ番組がありました。

100年の難問はなぜ解けたのか
~天才数学者 失踪の謎~

宇宙に果てはあるのか?宇宙は一体どんな形なのか?っという問いに対し

百年もの間、誰も解けなかった数学の難問「ポアンカレ予想」が証明され、

宇宙がとりうる複数の形が初めて明らかになったんだそうです。

世紀の難問を解いたのはロシアの数学者グリゴリ・ペレリマン(41)。

その功績により、数学界最高の栄誉とされるフィールズ賞の受賞が決まったけれど

彼は受賞を拒否し、数学の表舞台から消え去ってしまいました。

数学の舞台からっというよりも、日常の全てから失踪してしまったのです。

100年もの間、色々な人がこのポアンカレ予想の証明に挑んできましたが

その魅力にとりつかれ、生涯をポアンカレ予想にささげて命を絶った人もいました。

なんだかもう、凄まじいのです。

凄まじい数学って、私なんかには全く想像もつかないけれど

失踪したペレリマンなんて、もともと明るく社交的な青年だったのに

ポアンカレ予想に出会ってからは、部屋から1歩も外へ出ずに、ひたすら

毎日の全てを証明にあてていたんですよ。

もちろん、人との接触も一切せず。

そして証明したポアンカレ予想。

数学界に功績を残したのは言うまでもないんでしょうが、

彼は彼自身を犠牲にしてしまったようでした。

なんだかもう、人間の感情がなくなってしまっているような、

この先どうやって生活していくのか?いや、生きていくのか。。。

日本にも有名な数学者がおり、難しい難問にここ何年も費やして取り組んでいると

きいたことがあるけれど、なんだか凄い世界です。数学って。

数学者になれば誰も解いたことのない難問を解きたいと思うらしいけれど、

誰も解いたことのない難問って、それさえも想像つかないよ。

ポアンカレ予想だってかなりすごい内容ですよ。

ロープの一方の端を手に持って、もう一方を宇宙になげます。

なげた端が宇宙をめぐってまた地球に帰ってきたとき、そのロープの端を

両方ひっぱって絡まなければ、宇宙は限りなく丸に等しいと言える。

な~んてことを証明するんですよ。

一般人の考えでは到底追いつきませんです。はい。

| | コメント (4)

谷川さん

谷川さん

本屋さんで探していた本。

『谷川俊太郎質問箱』

‘もこもこもこ’ ‘これはのみのぴこ’ ‘スイミー’など

谷川さんが詩をかいた絵本は数知れず…。

そんな谷川さんが色々な質問にただただお答えするという本です。

これがまた、良かった。

「どうしてにんげんは死ぬの?死ぬのはいやだよ。」っという質問に

なんと答えますか?

興味のある人、お貸ししますよ!

1度読んでおく価値はあるかと。

| | コメント (6)

ミスマッチ

また

時間を持て余してしまった夜。

そんなときに行くべき場所は、ここしかないでしょう♪

本でも読もうと思ったけど、最近買った‘探偵ガリレオ’は頭を使うし

ちょっと軽く読めるものを欲していまして・・・。

久しぶりに松尾ちゃんの本を手にとりました。

ダンケで松尾ちゃん。

なんて似つかわしくないのでしょう。。。

はじめて読んだときに、かなり吹き出してしまった「大人失格」を持って

いざ、カフェの王様(私目線)ダンケへ!

お気に入りのカップにロイヤルミルクティーを入れてもらっての読書。

表面的にはかなりの素敵雰囲気に包まれていたんだろうと自画自賛したいけど

読んでる本は松尾ちゃんってとこが、自分の中ではなかなかのミスマッチで

よろしかったんです。うん。

笑いを押さえるのに苦労しながらも、きわどい世界を楽しみました!

あれ?知らないか、松尾ちゃん。

松尾ちゃんを知らない人は、1度読んでみてもいいかもね。

『大人失格』 著/松尾スズキ

| | コメント (7)

石橋を…

目の前に、2本の道があります。

どちらの道も、険しそうだし、苦難もありそう。

でも、どちらの道にも新しい出会いや発見がありそうで。。。

何かと石橋を叩いて渡る性格なもんで

なかなか決断できないんですよね。

困った困った。

:::

:::

今日みたいに天気の良い日は、京都の茂案に行きたいな。

| | コメント (5)

わたしの絵

わたしの絵

これ、私です。

‘せんせい’と呼ばれていた頃に出会った子と、先日手紙のやりとりをしました。

彼女は小学一年生。

封筒の中に、手紙とは別に絵を描いた紙が入っていました。

そこに描かれていた私の絵。

虹のかかった空の下、彼女と私が手を取り合っている、そんな素敵な絵でした。

まじまじ私の絵を見てみると…おや。以前と同じような現象が。

やっぱりどうやら私の印象は、ズボンでショートカット。

女性というより、男性に近い印象だったようです。

前に同じように私を描いてくれた子も、同じくズボンにショートカットでした。

確かに‘せんせい’時代、髪は短かったですよ。

でも、ズボン姿を見せた覚えは1度も無いんだけどなぁ。

わりと可愛い感じのスカートを選んで履いていたつもりなんだけど。

もっと女性らいい‘せんせい’をすべきだったかしら。

今結構髪が伸びてきたから、今度会ったときはびっくりされるかもかも♪

| | コメント (5)

SEED

SEED

昨日に引き続き、今日もお芝居を観にいきました。

田園風景や山の景色が綺麗な、兵庫県は多可郡へ。

そこに住む人たちで作り上げる、その町ならではのお芝居。

年齢も、演劇経験も、色々な部分でバラバラな人たちが集まって

一生懸命に作り上げるお芝居です。

今年も、良いものを見せていただけました。

今日の為にみんなで必死になって取り組んできたんだろうなっと思うと

そんなみんなが羨ましい。

何歳になっても一生懸命取り組むことって出来るんですね。

良い町だなぁ。

:::

:::

家の金木犀が満開です

| | コメント (2)

空晴

空晴

劇団空晴の旗揚げ公演に行ってきました。

はじめに言っちゃうと、素晴らしく素敵なお芝居でした!

こんなに心温まるお芝居を観たのは…ほんと始めてです。

彼ら彼女らが劇団ランニングシアターダッシュに在籍していた頃

ダッシュのお芝居もとても好きでした。

毎回毎回、笑って、泣いて、元気をもらって!!

ダッシュのお芝居は、自分が学生のときに出会いたかったなぁと

思ったものですが、今回の『空晴』は、今の自分にどんぴしゃ☆

笑って、泣ける…っというのは同じだけれど、胸に響くというか

切なく、あたたかく、心にしみる、素敵な舞台でした。

小さい劇場だったので、役者の方々の表情がとてもよく見れました。

それぞれの役の感情とか、心の葛藤とか、必死さとか

表情だけではなくて、一言一言がとても意味のあるものに感じられて

本当に「観て良かった~♪」っと思うお芝居でした。

さて。

心が満たされたら、やっぱりお腹も満たさなくては!

若乃花が経営しているちゃんこダイニングのうどんバージョンを発見。

早速入って頼んだものは、かき揚うどん。

かき揚がとっても美味しくて、あと三つはいけたかな。

ともだちの‘まるみちゃん’が食べてた塩うどんも、美味しかった♪

柚子胡椒がヨロシイです。

Kakiage

| | コメント (2)

伝説のスピーチ

他のサイトから引用しています。皆さん、是非読んで下さい。長いけど…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご存じの方も多いと思いますが、
温暖化の危機が現実味を増す今、
より多くの人に知っていただきたいと思います。

伝説のスピーチ ☆【セヴァン・スズキ、伝説のスピーチ全文】
1992年セヴァン・スズキという12歳の少女がリオデジャネイロで行われている国連会議(地球環境サミット)に乗り込んでいき、のちに伝説と呼ばれるスピーチを行なった。バンクーバーで生まれた彼女は9歳のときにECO(Environmental Children Organization)という環境学習グループを立ち上げ、12歳の時に自分たちで費用を貯めて国連会議(地球環境サミット)へ赴くだけでなく、NGOブースで交渉の末にスピーチを行う機会まで勝ち得たそうです。
その素直で純粋な想いに溢れたスピーチは多くの”大人達”の心を揺さぶり、やがて世界中で伝説として語り継がれています。

■セヴァン・スズキのスピーチ
「こんにちは、セヴァン・スズキです。エコを代表してお話しします。エコというのは、子供環境運動(エンヴァイロンメンタル・チルドレンズ・オーガニゼェーション)の略です。カナダの12歳13歳の子供達たちの集まりで、今の世界を変えるためにがんばっています。あなたがた大人達にも、ぜひ生き方を変えて頂くようお願いする為に、自分達で費用を貯めて、カナダからブラジルまで1万キロの旅をして来ました。
今日の私の話には、裏も表もありません。なぜって、私が環境運動をしているのは、私自身の未来の為。自分の未来を失うことは、選挙で負けたり、株で損したりするのとは訳がちがうんですから。
私がここに立って話をしているのは、未来に生きる子供達の為です。世界中の飢えに苦しむ子供達の為です。そして、もう行く所もなく、死に絶えようとしている無数の動物達の為です。

太陽の下に出るのが、私は怖い。オゾン層に穴が空いたから。呼吸をする事さえ怖い。空気にどんな毒が入っているかもしれないから。父とよくバンクーバーで釣りをしたものです。数年前に、体中ガンでおかされた魚に出会うまで。そして今、動物や植物対が毎日のように絶滅していくのを、私たちは耳にします。それらはもう永遠に戻ってはこないんです。

私の世代には、夢があります。いつか野生の動物たちの群れや、たくさんの鳥や蝶が舞うジャングルを見ることです。でも、私の子供達の世代は、もうそんな夢を持つ事も出来なくなるのではないか?あなた方は、私位の歳の時に、そんな事を心配したことがありますか。

こんな大変な事が、もの凄い勢いで起こっているのに、私達人間ときたら、まるでまだまだ余裕があるようなのんきな顔をしています。まだ子供の私には、この危機を救うのに何をしたらいいのかはっきりわかりません。でも、あなたがた大人達にも知って欲しいんです。あなたがたもよい解決法なんて持っていないという事を。オゾン層に空いた穴をどうやってふさぐのか、あなたがたも知らないでしょう

死んだ川にどうやってサケを呼びもどすのか、あなたがたは知らないでしょう。絶滅した動物をどうやって生きかえらせるのか、あなたがたは知らないでしょう。そして、今や砂漠となってしまった場所にどうやって森をよみがえらせるのか、あなたがたは知らないでしょう。

どうやって直すのかわからないものを、壊し続けるのはもうやめてください。

ここでは、あなたがたは政府とか企業とか団体とかの代表でしょう。あるいは、報道関係者か政治家かもしれない。でも本当は、あなたがたも誰かの母親であり、父親であり、姉妹であり、兄弟であり、おばであり、おじなんです。そしてあなたがたのだれもが、だれかの子供なんです。

私はまだ子供ですが、ここにいる私達みんなが同じ大きな家族の一員であることを知っています。そうです、50億以上の人間からなる大家族。いいえ、実は 3千万種類の生物からなる大家族です。国境や各国の政府がどんなに私達を分け隔てようとしても、このことは変えようがありません。私は子供ですが、みんながこの大家族の一員であり、ひとつの目標に向けて心をひとつにして行動しなければならないことを知っています。私は怒っています。でも自分を見失ってはいません。私は恐い。でも自分の気持ちを世界中に伝えることを、私は恐れません。

私の国での無駄使いは大変なものです。買っては捨て、また買っては捨てています。それでも物を浪費しつづける北の国々は、南の国々と富を分かち合おうとはしません。物が有り余っているのに、私達は自分の富を、そのほんの少しでも手離すのが怖いんです。

カナダの私達は充分な食物と水と住まいを持つ恵まれた生活をしています。時計、自転車、コンピューター、テレビ、私達の持っている物を数えあげたら何日もかかることでしょう。

2日前ここブラジルで、家のないストリートチルドレンと出会い、私達はショックを受けました。ひとりの子どもが私達にこう言いました。

「僕が金持ちだったらなぁ。もしそうなら、家のない子全てに、食べ物と、着る物と、薬と、住む場所と、やさしさと愛情をあげるのに。」

家も何もないひとりの子どもが、分かち合う事を考えているというのに、全てを持っている私達がこんなに欲が深いのは、いったいどうしてなんでしょう。

これらの恵まれない子供達が、私と同じ位の年だということが、私の頭を離れません。どこで生れたかによって、こんなにも人生が違ってしまう。私がリオの貧民窟に住む子供の一人だったかもしれないんです。ソマリアの飢えた子供だったかも、中東の戦争で犠牲になるか、インドで乞食をしてたかもしれないんです。

もし戦争の為に使われているお金を全部、貧しさと環境問題を解決するために使えばこの地球はすばらしい星になるでしょう。私はまだ子供だけど、このことを知っています。

学校で、いや、幼稚園でさえ、あなたがた大人は私達に、世の中でどうふるまうかを教えてくれます。たとえば、

* 争いをしないこと
* 話し合いで解決すること
* 他人を尊重すること
* ちらかしたら自分でかたずけること
* 他の生き物をむやみに傷つけないこと
* 分かち合うこと
* そして欲ばらないこと

ならばなぜ、あなたがたは、私達にするなという事をしているんですか。

なぜあなたがたがこの会議に出席しているのか、どうか忘れないでください。そしていったい誰の為にやっているのか。それはあなたがたの子供、つまり私対の為です。あなたがたはこうした会議で、私達がどんな世界に育ち、生きていくのかを決めているんです。

親達はよく「大丈夫。全てうまくいくよ」と言って子供達をなぐさめるものです。あるいは、「出来るだけの事はしてるから」とか、「この世の終わりじゃあるまいし」とか。しかし大人達はもうこんな慰めの言葉さえ使うことが出来なくなっているようです。お聞きしますが、私達子供の未来を真剣に考えた事がありますか。

父はいつも私に不言実行、つまり、何を言うかではなく、何をするかでその人の価値が決まる、と言います。しかしあなたがた大人達がやっている事のせいで、私達は泣いています。あなたがたはいつも私達を愛しているといいます。しかし、私は言わせてもらいたい。もしその言葉が本当なら、どうか、本当だということを行動で示して下さい。

最後まで私の話を聞いてくださってありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (6)

おからのケーキ

Okarakeki_4  

 

 

 

 

 

 

   

料理教室で仲良くなった方が、天満橋のPRANAでお手伝いをしているということで

一緒にお店まで行きました。

彼女はお手伝いの為に厨房へ。

私はお客としてテーブルへ。

色々食べたばかりだけど、やっぱりケーキは入る場所が違うんですね。

おからのケーキ(梨を添えて)と無農薬ティーを頂きました。

おからのケーキは初めて食べたけれど、蒸しパンをちょっとしっかりさせたような

もっちりとした食感で、実に美味しかった。癖になりそう♪

しかも、かなりボリューミー☆

お店のオーナーさんともお話できたし、お店の看板犬ともじゃれ合えたし

楽しいお昼時を過ごせました。

その後はお茶のお稽古で、おいしいお茶菓子と温かいお抹茶。

          

財布の中に、諭吉さんも英世さんもいなくなってるよ。。。

や?また散歩かな??

| | コメント (7)

生食

天満橋にある生食協会での料理教室。

今日は2回目で、またまた美味しいお料理を色々教えて頂きました。

小豆と玄米の御飯   小豆には利尿作用があって、便通の促進にもなるらしく

              お腹の調子を整えたいときには良いらしい。

ふのり入りの味噌汁  ふのりは海草の一種で、コレステロールを下げる働きがあり

              胆石にも効くそうです。毎日ふのり入りのお味噌汁を食べ続け

              胆石がなくなった人が実際におられたそうで。すごい!

かぼちゃのコロッケ  文句無しに美味しいです。

青菜のごま和え    市販で売っている煎りごまではなくて、生のごまを

              お鍋でパチパチと煎りました。

              香ばしい香りが、市販の物とは比べられません。

みたらし団子      マクロビなんで勿論砂糖は使わないんですよね。

              タレには米飴というものをいれました。はじめて食べる味で

              みたらしを想像しながら食べるとビックリするけれど、

              噛めば噛むほど味わい深く、美味しかった♪

Makuro_3

| | コメント (5)

ワイヤープランツ

ワイヤープランツ

今日はおばばを連れて、近所のお花屋さんへ行きました。

うちの近所にしてはなかなか小洒落た感じのかわいらしいお店です。

予想はつくでしょうが、またも衝動買いをしてしまいました。

その中でも気に入ったもの。   『ワイヤープランツ』

ダイソーの100円鉢だけど、土の上にハイドロカルチャーの土を敷き詰め

土の乾燥を防ぎつつ、見かけも綺麗でちょっと素敵な装いでしょ?

PCの横で私を癒してくれています♪

                                            

* 保育に携わり、保育に苦悩して、保育に喜びを見出そうとしている元同僚。

   羨ましすぎる。。。                                                                            

| | コメント (5)

紐なんて…

紐なんて…

そう、紐なんてついていないのに、私の財布の紐は緩みっぱなし…

ここ1週間で、何人もの諭吉さんや英世さんが旅に出られたもよう。

本や服など、形になって残るものもあるけれど、

最近はお腹の中へ消えていくものも多々あります。

食欲の秋ですからねぇ。

今日は、ヒュッゲ。

ハンバーガーと、美味しいラテと、おまけに柚子ティーを。

手紙を書いて、本を読んで、贅沢な時間でした。

あ~お腹も心もいっぱいです♪♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何かトラブルが起きたとき、人の本性って出てしまうもので

いくら普段‘良い人’を演じていても、ここぞという時にそれではねぇ

なんて思ってしまう。

でも、人ってそんなもんですね。私もそんなもんですからね。

| | コメント (6)

ハッピーオレンジ

ハッピーオレンジ

久しぶりに、ハッピーオレンジが咲きました!

朝から素敵な大輪の花を見れたおかげで、今日は1日なんだかとても

安定していたというか、スムーズだったというか。。。

お仕事帰り、玄関に飾る観葉植物を買いに行き、またまた気分よろし。

‘玄関はその家の顔だから綺麗にしておくべし’ってのはよく言われるけど

そこに植物を置くのはとても良いらしいのです。

それも、先のとがった葉をもつ植物よりも、丸みのあるものが良いそうで。

鉢もできれば丸みがあり、白が好ましいとか。

全部本で読んだことだけど、とりあえず実践しています。

今までは切花を飾っていたんですが、やっぱり長くはもたないので

観葉植物を置きたいとずっと思っていて、やっと今日、

「これだ!」っという植物に出会い、即買いしました。一目惚れです。

玄関に飾ると、土に根をはって生きてるって感じが植物から漂っててくるので

それだけで気持ちいい玄関になっています。

植物のチカラって、改めてすごいなぁっと実感実感。

緑のイキイキしたものが目に入る場所にあるだけで、気分良いものね♪

| | コメント (4)

柳生さん

ちょっと寝つけないので、柳生さんについて語ってみます。

テレビを見ていると、最近気になっている柳生さんが出ておられました。

柳生さん。

柳生博さんの息子さんです。

NHKで‘趣味の園芸’っていう番組に出ています。

園芸界・ガーデニング界でのカリスマとでもいいましょうか。

私と張り合うくらいのタレ目具合でございます。

山梨県にある彼の自宅は、森に囲まれています。

その森は、およそ30年前に、柳生さんが作り始めた森。

荒れ果てた林を買い、朽ち果てていた松などの木を伐採していくと

もともとその土地に根付いていた白樺などの木々が自然と生えてきて

今では様々な木々が生い茂り、まさに森になっています。

柳生さんが試んでいることが、また興味深い。

なんと、家の屋根の上に林を作っているんです!

まさに、トトロの森の世界。

隠れ家といっている書斎の小屋からは、360度どこを見ても緑が綺麗で

本当に素晴らしい!!

父である博さんも、勿論素晴らしい森を作って、そこで生活しています。

柳生家スゴイ☆☆☆

柳生博さんは、役者としてしか知らなかったので、今では尊敬の眼差しを

送ってしまいます。

博さんの森は、確か蒜山高原にあるんだと思うんですよね。

博さんの森も、息子さんの森も、一般の人でも入れるようにされているようで

山梨は遠いけど、蒜山なら行けるでしょう♪

是非是非いつか、行きたいなぁ♪♪

秋の気持ちの良い時期に、行きたいなぁ♪♪

| | コメント (4)

カフェオーレ

カフェオーレ
あったかくて、美味しかった♪

今日は木曜日ということで、テレビ番組‘ちちんぷいぷい’で

本屋さんのコーナー(本を紹介してくれるコーナー)がある日でした!

西アナウンサーが紹介してくれる本を買っては読み買っては読み…

てしている私ですが、そのどれもが面白くて、私に読みやすいものばかり。

っというわけで、かなりあてにしているコーナーです。

今日紹介されていた本、なかなか面白そうだったので

今度はその本を持ってダンケに行こうと思います♪

麒麟の田村くんの本も紹介されていたけど、それはちょっと置いといて…。

| | コメント (4)

寒くない?

寒くない?
これからどんどん寒くなっていくというのに
何故かしら今頃になって実を付けている我が家のいちご。

いちごって五月頃じゃなかったかなぁ??

| | コメント (2)

小雨

小雨
今朝は冷たい小雨が降っています。

半分寝たままお仕事です。

昨日歩き疲れた疲労感が、まだ重く両足にのっかっています。

| | コメント (2)

江坂の新名所!

大阪ではおなじみのテレビ番組‘なるとも’

朝からぼんやり見ていると、「江坂にできた新名所」っという言葉が

耳に飛びこんできました!

「江坂!地元やん!!」

かじりついて見ていると、口コミで広まったらしいロールケーキ専門店。

『GOKOKU』~北摂ロール~

なんでも、五穀(米、麦、粟、きび、ひえ)など、穀類を使ったケーキらしい。

ロールケーキやなんて、最近の流行りに乗っかっちゃってるだけやん?って

ちょっとマイナスな感じに思っていたけれど、あまりにスタジオの皆さんが

美味しい美味しいって食べてはったので…

西川ヘレンさんも言ってはったし…

行っちゃいました。

食べちゃいました。

・・・・・・・・・・うま!!!

やったぁ!地元に素敵なお店ができたよ~♪♪

Hokuseturoru_2 

| | コメント (4)

KOBE Biennale 2007

神戸メリケンパークを中心に行われている、神戸ビエンナーレ。

~港で出会う芸術祭~と銘打って、様々なアートが展示されています。

展示されているのはコンテナの中。

なんと、会場に69ものコンテナが点在しており、それぞれのコンテナに

それぞれの‘ゲイジュツ’が閉じ込められていました。

しかも、69ものゲイジュツにふれると「ゲイジュツとはなんぞや?」っという

変な感覚まで出てきてしまうから恐ろしい。

‘秩序’だったり‘変化’だったり‘普遍’だったり…色々なタイトルを見ると、

それぞれのアーティストが深い部分までみつめてゲイジュツに取り組んだ

なんというか、苦労というか、そういったものが感じられて

ちょっぴり重い気分になってしまったり…。

っというわけで、気を取りなおして子ども絵画のコーナーを見に行きました。

すると、どうでしょう!

Kuwagata Ika

Kawaazobi_2

                           

                                

                                  

                                   

                                                               

これらの作品、なんと小学一年生が描いたんですって!

すごくないですか!!!

なんだか、いさぎよい感じが良いですよねぇ。力強いなぁ。

そして、たくさんのゲイジュツにふれた1日を振り返ってみました。

1番素敵だなぁっと思ったもの。

・・・・・・・・・・やっぱりこれでしょう!

Koubetawa

| | コメント (0)

寒い朝

今朝もなかなかのほどよい寒さでございます。

ぬくぬくのお布団が、本当に気持ち良く感じるこの季節、大好きです!

朝のつめたい空気を部屋に取り入れると、きゅっと身体が引き締まり

朝のあったかいコーヒーも、なお一層美味しく感じる。

そろそろ我が家のエスプレッソマシーンも活動時期となりそうですね。

さて、今日もバイトでございます。

ホットラテの練習しようっと♪

| | コメント (3)

マリンバった夜

マリンバった夜
ホットのへーゼルナッツラテでございます。

ほどよい甘さが嬉しい一杯。

マリンバのいいとこは、コーヒーカップの大きさにもあるかも。

このカップ、かなりたっぷり入っているんですよ。

一時間、読書時間を満喫しました♪

頑張って描いてくれたニコちゃんが嬉しい!二ヒヒ♪

| | コメント (2)

あきさん

楽しそうにピアノを弾く人が大好きなワタクシ。

矢野顕子さんや上原ひろみさんは、本当に大好き。

曲が好きっというよりも、いやっ…もちろん曲も好きではあるけれど

弾いている姿を見るのが好きなんですよ。

すごく楽しそうで、気持ちよさそうで、嬉しそうで♪

そういう意味では、矢野顕子さんのモノマネをする清水みっちゃんも大好きです。

さて、最近また楽しそうにピアノを弾いている人を発見しました。

最近発見したっていうと流行に乗っかっていないのがバレバレだけど

その人とはANGELA AKIさん。

ちょっとじっくり聴いてみます。

| | コメント (4)

ホットココア

ホットココア
ココアが飲みたくなるなんて、秋ですねぇ。

これまた美味しいDANKEのココア。

お腹にしみわたりました。

| | コメント (2)

運動会と秋の空

幼稚園の運動会。

こどもの笑顔とがんばりと

綺麗にすみきった青空に

心はすっかり癒されました。

いい運動会でした。

| | コメント (4)

GOKAN

GOKAN
お初にお目にかかりました、念願のGOKANのお米ロールケーキ!

ふわふわすぎて、包丁入れるのもむつかしい。

中に入っているクリームも黒豆も、絶品です♪

| | コメント (4)

新しいこと

初めて出会う人とはじめて話す会話は、新しい発見がいっぱいです。

昨日のマクロビ教室で仲良くなった皆さんしかり、バイト先での新入りさんしかり。

新しいことに触れるって、なんだか清清しいですね。

今まで持っていなかった考え方や、考えていたけど行動に移さなかったことなど

自分自身を見つめなおすきっかけをくれるような気がします。

新しいことに触れないと、新しい自分にはなれないですね。

10月、まだ4日しかたってないのに、色々な人から刺激をもらっています。

よっし。掃除しよう。

| | コメント (0)

John Burningham

何かにつけて行ってしまう絵本原画展。

頂いたチケットで行ったのは、これまた大好きなジョン・バーニンガムさんの

絵本原画展でした。(in大丸梅田店)

どの絵にも温かみがあって、本当に素敵な原画でいっぱいでした。

色使いが本当に綺麗だし、色々と技法¥も使っていて、

絵本になってしまっていては気付けない、おもしろい絵をたくさん見れました。

おなじみガンピーさんのシリーズや、  「羽のないアヒルのBORKA」

「アボガドベイビー」という絵本も、知らなかったけれど面白かった♪

世界一おぞましい少年の絵本や、いつも遅刻ばかりする子どもの絵本など

じっくり読めて、本当に素敵な絵本だなぁって感じました。

はずしちゃいけない「おじいちゃん」の原画は、ちょっと泣けましたよ。

そんな絵本原画の中で、絵本ではなくポスター原画も飾られていて

とっても素敵な絵を発見です!

Photo_5

B4のポスターとして

売っていたので、

お買い上げ致しました。

これに見合う額を

買いに行かなくてはては♪

他にも色々とグッズを買ったのは

言うまでもありません。

| | コメント (2)

マクロビ

マクロビ
生食協会での料理教室が始まりました。

マクロビオティックの基本を教えて頂けます。

初回の今日の献立は…
玄米ご飯
だしを使わないお味噌汁
青菜と焼海苔のおひたし
蓮根団子

美味しかったし、楽しかったし、勉強になった!

秋からは根菜類を食べて、身体を温めましょう。

| | コメント (2)

眠れぬ夜の過ごし方

眠れぬ夜の過ごし方
色々と考え事をしている間に
寝るタイミングを失ってしまいました。
お目めぱっちりのこんな夜は、製作活動に限ります。

以前の日記で書いていたように、来年の手帳カバーを作りました!

中身はもちろんほぼ日手帳♪

ほぼ日手帳の専用カバーのように、機能満載ではないけれど
バタフライストッパー(?)は真似っこさせてもらいました。

なかなか上手くいきまして
満足感から良く眠れそうです。

| | コメント (4)

始動!?

さて、いつまでもこんな‘のんべんだらり’な生活ではいけません。

10月です。

今年もあと3ヶ月です。

そろそろ動きだしましょう、私。

今日、とても良い1日でした。

久しぶりの人と、久しぶりの場所へ行き、久しぶりの会話の中で

ものすごい収穫がたくさんありました。

神のお告げなんて言葉がありますが、今日は私に‘動け!’っと

神のお告げがあったようにすら感じました。

さて、動きますよ。

秋の風が気持ちいい!!!

| | コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »